バース大学 学校紹介

バース大学のキャンパスは、イングランド南西部にあるバースの郊外にあり、ロンドンへ電車で約1時間半ほどの距離に位置します。バースには世界遺産に指定されているロイヤルクレッセントと古代ローマ時代の浴場跡“ローマン・バス”があり、街自体もユネスコ(UNESCO)によって世界文化遺産都市に指定されています。バースは、歴史、文化、豊かな色彩が融合された珍しい都市で、美しい公園や壮麗な建築のロイヤル・クレセントなどを目当てに、イギリス中でロンドンを除き最も多くの国外からの観光客が訪れます。バース大学は毎年大学総合ランキングでは常に10位前後に入る、とても名の通った大学です。24時間開館の図書館・学習センター(Library and Learning Centre)など学習施設がとても充実している一方で、アテネ五輪に選手を送るほど、スポーツ施設も本格的です。バース大学では約1万人のフルタイムの学生が学び、うち2500人は120カ国を超える世界各国から来た留学生です。本学の200エーカーある近代的なキャンパスは、歴史のあるバース市街地を見下ろす緑豊かな公園地にあります。

1966年に創立されたバース大学は、校舎にも教育理念にも現代色を強く打ち出すことを目指しています。工学、人文・社会科学、経営学、自然科学の最先端をゆく大学として知られています。バース大学教員の70%は政府の調査で5段階の5と評価されています。学位プログラムの多くは就職に強く、バース大学の学部生の60%は実務経験(インターン)のプログラムに参加するか、留学を経験しています。