大学学部について

学士号

イギリスの大学学部課程(学士号取得)は、アカデミックなコースで、イングランド、北アイルランド、ウェールズでは、通常3年、スコット ランド(学部課程修了者にMasterの学位を授与)では、4年で学位が取得できます。1科目だけを専攻する学士号( single honours degree )、2科目を専攻する学士号 (joint honours または combined honours degree)があります。また、多くのコースが、イギリス以外の国で勉強する機会や、1年間の実務研修などの機会を組み込んでいます。どこで、何を、どのような形で勉強するか、多くの選択肢があります。イギリスの大学学部課程では、興味のある科目を深く学ぶことができます。自分で考え、自主的に勉強することが求められ、大学卒業後も役立つ、リサーチやプレゼンテーションのスキルも習得することができます。

大学短期留学

Study Abroad / Junior Year Abroad (JYA)/ Visiting students とは、イギリスの大学で行われている1年間の短期留学プログラムで、海外の大学学部生が多数参加しています。

留学の費用

イギリスの大学では、どこで勉強しても、授業料に見合う、質の高い教育が受けられます。授業料は学校により、かなり異なりますが、だいたいの目安をご紹介します。各学校のウェブサイトから、各学校の授業料を調べることができます。

学費目安 (年間)
大学進学準備コース £ 4,000~ £ 12,000
文系コース      £ 7,000~ £ 17,500
理系コース           £7,500~ £ 33,500
医学系コース         £10,000~ £ 30,000以上

大学の授業料には、図書館や豊富な研究資料、最新のコンピュータ施設や実験室、充実したスポーツ施設や音楽室、演劇スタジオなどの利用料も含まれて います。さまざまな文化の入り混じるモダンで進歩的な環境で、勉強したり生活したりすることは、またとない貴重な体験になるでしょう。

学校やコースの選び方

イギリスの大学学部で取得できる資格の質は、厳しく管理されていて、それは、イギリスの資格が世界中で高く評価される理由のひとつになっています。審査結果は、多くの場合、オンラインで公表されているので、自分が選んだコースがどのように評価されているか調べることができます。

Quality Assurance Agency ( QAA )は、イギリスの高等教育が、国際社会の認める高い水準を保つようにするための活動をしています。詳しくは www.qaa.ac.uk をご覧ください。

数年に一度、イギリスのカレッジや大学が行っている研究の質を審査する Research Assessment Exercise ( RAE )が実施されています。2008年度の審査結果が発表されました。

また、Unistats のウェブサイトには、大学学部レベルのコースに関する情報を、さまざまな分野で提供しています。このサイトには、全国の学生を対象にした調査結果や、卒業生の進路に関する情報も掲載されています。 www.unistats.com/

入学手続き

フルタイムの学士号コースや Higher National Diploma ( HND )への入学申し込みは、UCAS ( Universities and Colleges Admissions Service )と呼ばれる全大学共通の入学手続き機関を通じて行います。UCAS には、このサイトからもアクセスできます。オンラインでの入学の申し込み手順は、次のとおりです。

  1. 入学を希望するコースを検索してクリック
  2. interactive options (右のボックス)の、Apply online for this course をクリック
  3. UCAS Apply のウェブサイト www.ucas.com/apply にアクセス

UCAStv を使って出願方法を映像で確認することができます。

UCAS のシステムを通じて、最大5コースまで、共通願書を使って同時に入学の申し込みができます。5コース申し込む場合には、5コースすべての詳細が必要になり ます。一度に5コースすべてを決められない場合は、途中まで記入した願書を保存できるので、ゆっくり考えてから、残りのコースを記入して、願書を完成させ ることができます。

入学資格

入学条件は、コースにより異なりますが、通常、イギリスまたは自分の国で13年間の教育を修了し、A レベル、または BTEC National Diploma と同等レベルの資格が必要です。留学生の場合、これらの資格をもたなくても、大学進学準備コースを勉強すれば、大学学部への入学が可能になります。

大学進学準備コース (University International Foundation Year)

University International Foundation Year は、イギリスの大学への入学資格をもたない留学生のための進学準備コースで、英語力の強化や専攻する分野に関連する科目の勉強をします。

英国の大学では、入学してすぐに専門的な勉強が始まります。また、授業を理解したり論文を書いたりするには、十分な英語力も必要です。英国の大学で は、しっかりとした自分の考えをもち、それを論理的に発表することが求められるなど、日本とは学習スタイルも違います。教育制度もことばも、学習スタイル も違う留学生が、英国の大学にスムーズに進学できるようにするために設けられたのが、大学進学準備コースです。

大学進学準備コースの多くは、大学と同じように9月に始まり、翌年の6月に終了します。9ヶ月の間に、希望する専攻に関する基礎知識や英語力、大学 教育を受けるために必要な速読のスキルやエッセー(小論文)の書き方、リサーチや発表の仕方などのスタディスキルを身につけます。

進学準備コースでよい成績を修めれば、その大学、または提携先の大学に進学できるので、留学生が英国の大学に進むための、最も現実的な近道といえるでしょう。英国では多くの学部課程が3年制のため、進学準備コースを含めても4年間で大学を卒業できます。

大学進学準備コースでは、指導教官もスタッフも親身になって、学生がよい成績を上げられるようにサポートしてくれます。どの科目を選んだとしても、 コンピュータの利用や勉強のしかたなど、大学で勉強するのに必要なスキルを身につけることができます。また、指導教官やスタッフが、豊富な資料をもとに、 大学出願のアドバイスもおこなっています。

4つのルート

大学進学準備コースは、大学や専門学校、チュートリアル・カレッジ、語学学校などで受講できます。ここでは、それぞれの特徴を紹介しましょう。

1. 大学または大学レベルのカレッジ
おもに、その大学への進学を希望する人が対象なので、志望校や専攻を絞り込んでいる人に向いています。入学に必要な英語力は、やや高めです。キャンパス内で授業がおこなわれ、大学の寮や施設も利用できるので、ひと足早くキャンパスライフを楽しむことができます。その大学・カレッジに進学できるほか、他大学にも出願可能です。

2. 専門学校
大学が実施している進学準備コースに比べると、入学基準はゆるやか。授業料が比較的安いのも魅力です。英語のコースも充実しているので、進学準備コースが始まる前に英語力を高めたいという人におススメです。提携先の大学への進学が保証され、そのほかの大学への出願も可能です。

3. チュートリアル・カレッジ
チュートリアル・カレッジ (Tutorial College) は、大学進学を希望する英国人の学生または留学生が、必要な知識や資格を得るために通う進学準備校です。複数の大学やカレッジと提携していることが多く、そのいずれかに進学できます。入学後に自分の成績や興味に合わせて、進学先の大学をじっくり選べるのがメリットです。

4.語学学校
語学学校のなかには、大学進学準備コースを提供しているところがあります。チュートリアル・カレッジと同様に、複数の大学と提携していることが多いので、進学先の大学や専攻分野を決めかねている人に適しています。また、まず通常の英語コースを受講し、英語力を高めてから進学準備コースに進むという方法も可能です。

入学資格・申し込み・コースの選び方

高校卒業と、ある程度の英語力が必要

進学準備コースでは、英語力を高めるための訓練もおこないますが、基礎科目も含めて授業はすべて英語。そのため、入学するためにはある程度の英語力が必要です。

入学条件: 日本の高校を一定の成績で卒業していること

必要な英語力:学校によって異なりますが、およその目安は次のとおりです。
IELTS: 4.5-5.5
TOEFL: CBT 133-173, PBT 450-500

英語力が足りない学生向けに英語コースを設け、事前にそれを受講し、十分な英語力を身につけることを条件に入学を認めている学校もあります。いずれにしても、高校卒業後は、日本でまたは早めに英国に行き、入学までに英語力を高めておくと、入学してからの勉強がスムーズに進むでしょう。

進学準備コースの選び方

修了後に進学できる大学や専攻分野を調べてコースを選択

大学進学準備コースは、特定の大学やカレッジと提携している場合が多いので、修了後に進学できる大学や専攻分野をよく調べてから申し込むことが大切です。現在、英国には1,000以上の大学進学準備コースがあります。

詳しい情報は、ウェブサイト www.ukeducation.jp で閲覧できます。また、専攻科目や大学・カレッジの所在地域を入力して検索することが可能で、履修形式、コースの期間、評価の方法、実務研修の有無、特定の大学への進学が保証されるかどうかなど、各コースに関する詳しい情報もチェックできます。