開発学

バース大学 学科サイト 社会政策科学学部

概要

MSc International Developmentは社会科学分野の複数領域にまたがる国際開発への理解を促します。このプログラムに在籍する学生は、

  • 国際開発政策と実践にまつわる諸問題についての包括的な視点を養います。
  • 研究関心に基づき、国際開発の特定のイシューについて徹底した分析を行います。

われわれはまた、学生同士が互いの経験や研究活動に刺激を受け合うよう学習環境を目指し、経験、素養、研究関心の面で多様なバッググラウンドを持つ新入生を受け入れるよう注意を払っています。このプログラムには毎年限られた人数の学生が進み、少数制ならではのフレンドリーでサポートの行き届いた学習環境が実現されています。社会政策科学学部で進められている高度な研究活動は、2011年に名誉あるQueen's Anniversary Prizeを受賞しました。2008年のResearch Assessment Exerciseではまた、全国で2位の座を獲得しました。

プログラム構成

プログラム構成には変更が生じる可能性があります。最新情報は学部サイトにてご確認ください。

コア・ユニット

  • Foundations of international development
  • Economics for international development
  • Sociology & social anthropology of development
  • Policy and politics of developing countries
  • International development; towards synthesis
  • Research skills and dissertation preparation

選択制ユニット

  • Critical issues in social development
  • Globalisation & economic insecurity: social policy challenges
  • Globalisation 2: political economy of globalisation
  • Management of development
  • World politics: conflict, security & development
  • Sustainable development: livelihoods and wellbeing
  • Wellbeing & human development 2: development ethics
  • Wellbeing assessment in public policy and development practice

また、南アジア、アフリカ、ラテンアメリカから一つ、地域研究を選択することができます。

卒業後の進路

社会政策科学学部では、大学院課程の学生が学修過程で具体的かつ一般的な幅広いスキルを身につけることに努めています。われわれの卒業生は、以下のように多岐にわたる組織で活躍の場を見出しています。

  • 大学や研究機関、政府機関、民間部門、市民団体や国際機関での社会研究
  • 地域レベル、全国レベル、あるいは国際レベルでの公共政策分析
  • ウェルビーイング、サステイナビリティ、社会正義に関する組織における情報発信や社会運動

バース大学社会政策学部コース一覧

大学院課程-講義プログラム

大学院課程-リサーチプログラム

また、Social & Policy Sciences MPhil and PhDへ進むことも可能です。現在学部として取り組んでいる研究テーマは以下の5つです。

バース大学経済学部開発学関連プログラム一覧

大学院課程-講義プログラム

リサーチセンター

バース大学開発学研究所