薬学

バース大学 学科サイト バース大学 薬学部

 

バース大学薬学部の概要

バース大学薬学部の多専門性アプローチは、薬物作用や基礎疾患における科学的、生物的プロセスを分析をする多くの専門知識や最先端の機器を提供します。学部では生物学システムと薬物の分子相互関係から薬剤師と患者の相互関係まで広く学びます。HEFCE社が行った2001年の調査では最高点の5Aを受け、常に多くのスタッフが研究に日々精を出しています。

 

薬学部コースリスト

 

大学学部課程

 

バース大学薬学部は薬学及び薬理学の分野において、高く評価されるプログラムを有しています。学生は、バース大学と産業界、the National Health Services、および各自治体による保健事業とのの強い結びつきを基礎に、本学部の講師の研究分野に応じて発展された充実した講義や実習を受ける事ができます。

 

大学院課程

 

大学院課程では若手や中堅の薬学専門家に対し、Postgraduate Certificate、ディプロマ、MSc認定のための単位取得が可能なプログラムを提供しています。また、CPDのための個別のユニットで学ぶことも可能です。

バース大学薬学部のPhDプログラムは、学術的、あるいは産業的薬学研究の職を目指す方に最適です。PhDプログラムはリサーチプログラムとして、論文の提出により、外部による審査もふまえ認定されます。

PhDを目指す学生は通常、MPhilプログラムに登録し、1年後PhDへ転向することになります。大学院課程の学生は様々な実践的トレーニングを受ける機会に恵まれ、また、国際的な学術会合への出席が奨励されています。